新潟の声優養成所のおすすめは?

声優になれるかどうかは、声優養成所選びで決まる

声優養成所が全てというわけではありませんが、あながちこのタイトルは言い過ぎということもないと思います。

 

過去に新潟の声優養成所で学んで、今は東京で声優としてお仕事をさせてもらっている私の経験をもってして、声優になれるかどうかは声優養成所選びで決まると思います。

 

重要な声優養成所の選択を間違わないためにも、事前に情報を集めておくことは大切なことです。
以下にみなさんのお役に立てればと、新潟の声優養成所に関する情報を記載しておきます。

 

 

わたしが通ったインターナショナルメディア学院 新潟校

地方都市である新潟には、当然ながら声優養成所はそれほどありません。

 

限られた選択肢だったので、新潟にある全ての声優養成所や専門学校の説明会に参加した私が最終的に選んだのは、"ドラゴンボール"ベジータ役でお馴染みの堀川りょうさんが学長を務めるインターナショナルメディア学院です。

 

声優養成所は人によって相性があるけれど、わたしが今声優として仕事ができているのは、この声優養成所を選択したからだと思っています。

 

新潟の声優養成所の中から選ぶということなら、一度は資料に目を通したり、体験入学に参加してみる価値のある声優養成所だと言えます。

 

新潟の声優養成所の中でも、インターナショナルメディア学院をおすすめする理由は以下の二つです。

 

1.仕事が多い事務所直属の声優養成所
2.講師に現役声優が多い

 

≫インターナショナルメディア学院公式サイトを見る

 

 

仕事が多い事務所直属の声優養成所

 

IAMグループ相関図

 

そもそも声優養成所とは何なのか、専門学校とはどう違うのかについて軽くご説明しておきたいと思います。
声優養成所は、芸能プロダクションが自社で活躍してくれる声優を育てるための養成機関です。

 

声優養成所に入所するということは、その声優養成所を運営する事務所の養成員ということになります。
全ての養成員がそのまま事務所に所属できるわけではありませんが、基本的には所属を目指してレッスンを受けます。

 

専門学校はあくまでも学校で、声優事務所とグループ企業というわけではありません。
専門学校が声優の基礎を学ぶ学校なら、声優養成所は事務所付属の養成機関ということになります。

 

つまり、声優養成所を選ぶということは、将来的に所属を目指す事務所を選ぶということです。

 

声優養成所から直属プロダクションに所属できたのはいいけれど、結局やりたい仕事がほとんどなかったなんていう話はよくあります。

 

声優としてデビューして、声優事務所に所属できたとしても、仕事をコンスタントに続けられなければ意味がありません。

 

つまり、声優養成所を出て将来的に本気で声優を続けていきたいと考えているなら、インターナショナルメディア学院の直属の声優事務所はおすすめできるということです。

 

有名な声優が在籍しているし、自社でアニメやコンテンツの製作を行っていたりもするので、デビューしてからの仕事の機会も多いと思います。

 

声優はデビューできたら終わりではありません。そこからたくさん仕事をこなして、どんどん経験を積み上げていかないといけません。

 

そのためにも、デビュー間もない頃はバックアップが強力で、仕事を振ってもらえる声優事務所に所属しないと埋もれてしまいます。

 

声優養成所を選ぶ際にはレッスン内容などに目がいきがちですが、声優デビューしてからのことも考えておくことが大切です。

 

 

 

講師に現役声優が多い

声優事務所のマネジメントがどんなに強力であっても、自分自身に声優としてしっかりとした技術が身についていなければ、当然声優として仕事を続けていくことはできません。

 

声優養成所を選ぶ際には、プロになった時に現場で通用する技術を学べる声優養成所を選ぶことが大切です。
わたし自身声優として仕事をする中で感じていることは、講師には必ず現役声優がいる方が良いということです。

 

声優養成所によっては、臨時講師に現役声優が名前を連ねているところもあります。
しかし、年に数回だけ現役声優の授業を受けられるのではなく、常勤講師に現役声優がいる方が良いと思います。

 

新潟は地方都市ですから、現役声優が講師を務めている声優養成所は少なくなりますが、それこそがインターナショナルメディア学院ということになります。

 

現役声優が講師を務めていると、今の声優業界ではどのようなスキルが求められているのか、それを反映させたレッスンを受けることができます。

 

声優業界は毎年のように大きく変化していて、十数年前とは求められる声優像が異なります。
十数年前と同じ声優の勉強をしていたって、今の声優業界では通用しません。

 

講師に現役声優が多いと、カリキュラムやレッスン内容が現場主義となるし、何よりも彼らの話を聞けることは貴重です。
声優は免許や国家試験が必要な職業ではありません。より実践的で、現代に通用する技術を学ぶことが声優として仕事を続けていく上で重要です。

 

この2点こそが、新潟の声優養成所でならインターナショナルメディア学院が良いと考える理由です。

 

≫インターナショナルメディア学院公式サイトを見る

 

 

 

新潟の声優養成所と専門学校

インターナショナルメディア学院

上にご紹介した通り、わたしはこちらの声優養成所の新潟校に通っていました。
『IAMエージェンシー』『アズリードカンパニー』東京に本拠地を構える二つの声優プロダクションの付属養成所です。
日本全国に校舎を展開しています。

 

 

 

劇団ひまわり

声優の育成と言うよりも、子役俳優の育成で有名な養成所です。
18歳以上が入所する青年部もありますが、幼稚園児〜高校生の俳優養成に力を入れているイメージがあります。

 

また、新潟には劇団ひまわりの校舎があるわけではなく、民間企業のビルを間借りしたエクステンションスタジオがあります。
新潟のエクステンションスタジオは新潟放送の本社ビルの一室を借りていて、そこで劇団ひまわりのレッスンを受けることができます。

 

エクステンションスタジオは受講できるレッスンや曜日が限られてくるので、希望の日時に声優コースが受講できるか事前に確認が必要です。

 

 

 

国際映像メディア専門学校

新潟で唯一の声優コースがある専門学校です。
声優コースの他に、俳優コースやテレビ制作、映画制作などの学科があります。

 

2年制の全日制の学校になるので、卒業すると専門卒の学歴が付きます。
全日制の学校なので学費は養成所よりも高く、卒業までに200万円以上がかかります

 

 

 

総合学園ヒューマンアカデミー新潟校

芸能・ファッション・ヘアメイク・スポーツ・IT・一般ビジネスなど、ありとあらゆるジャンルの学科がある総合スクールです。
国から認可を受けてた学校法人の専門学校ではなく、予備校のような一般企業が運営するスクールです。

 

声優専門のスクールというわけではないので、授業内容がどこまで充実しているかは疑問が残ります。
このようなタイプのスクールは、一旦声優の基礎を学んでから、再度声優養成所で学び直すという人が多くなっています。

 

 

 

女の子

新潟にある声優養成所や声優の専門学校など、声優に関する勉強ができる施設は以上の4つに限られます。

 

決して選択肢が多いわけではありませんから、できれば全ての声優養成所の資料を請求してみて、実際に体験入学や説明会にも参加してみることをお勧めします。

 

本気で声優になりたいなら、わたしのおすすめはやはりインターナショナルメディア学院になりますが、実際に自分の目で確かめてみることも大切だと思います。

 

また、新潟にある声優養成所は二つに限られますが、東京に行けば当然ながら声優養成所はたくさんあります。

 

新潟の声優養成所で学んだとしても、声優としてデビューすることになったらほとんどの方が東京に移り住むことになると思います。
その点を考えると、今のうちから東京に出て、東京の声優養成所に通うというのも一つの考え方です。

 

東京に住むことで色々なメディアに触れる機会が増えますし、標準語のイントネーションを自然に身につけることもできます。

 

しかしその反面、声優になれなかった時のことも考えておく必要があります。
勢いで新潟から飛び出してきたけれど、自分には声優の仕事は向いていなかった、声優の仕事は思っていたのと違っていた、そんなこともあるでしょう。

 

そのあたりのリスクも考えると、まずは新潟で声優の勉強を始めてみて、本気で声優になりたいと確信してから東京に出るという"間を取った考え方"も良いでしょう。

 

インターナショナルメディア学院は、新潟校から東京校といったように、途中から違う校舎へ転校することもできます。
まずは新潟校で下積みをして、講師と相談しながら、ある程度の実力がついてきたら上京するというのも良いでしょう。

 

≫インターナショナルメディア学院公式サイトを見る